配管の水道工事は建物によって違うらしい

水道 工事と聞くと、専門家による大掛かりな工事が思う浮かぶ方も多いでしょう。建物の大きさによって水を引き込む形が違うことをご存知ない方もまだまだいるのではないでしょうか。水道工事の基礎知識として、どのような種類があるのか、それぞれの特徴ごとに説明していきます。

■屋内配管と給水引き込み

聞きなれない言葉かもしれませんが、屋内配管と給水引き込みの二つの工事が存在しています。まずは屋内配管ですが、こちらはそれぞれの家庭や大型施設など、ありとあらゆる蛇口が設置してある場所まで配管を通す工事です。給水引き込みによって設置された水道メーターから蛇口のあるところまで、もしくは水道を開け閉めする水の元栓までの工事を意味しています。給水引き込みは道路の下を走っている配水管から水道メーターがある場所まで行う工事のことを言います。

■給水の方法は3つのパターンがある

私たちが普段使っている水は、公道の下を走る配管から家庭まで引き込まれている水道水です。一般家庭に水を送る場合、直結式給水方式、受水槽式給水方式、中高層直結式給水方式の3つのパターンがあります。
直結式給水は、パイプを直接配管につないで給水する方法です。受水槽式給水は、受水槽と呼ばれるタンクの中にいったん水を貯めて、そのあとに各家庭に水を供給する方法です。中高層式直結式給水は、水を貯めるタンクを使わずに、配管に高い圧力をかけて強い勢いで水を流して各家庭に水を流す方法です。それぞれ直結式給水は一戸建て、大型ビルやマンションなど建物の規模が大きい場合は受水槽式給水や中高層直結式給水が使われます。

■まとめ
配管の水道 工事は、建物や目的に応じてさまざまなものがあります。普段建物を見て歩くことは多くないと思いますが、大きな建物に受水槽があるのかないのかを見れば、その建物の給水方式を知ることができます。水道工事を依頼する時のために、一般的な知識を身につけておくことも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ