お風呂や台所の給湯器は水道工事専門業者が味方になる

毎日使う給湯器にもしもトラブルが起きて故障した場合、くれぐれも自分で直そうとしないでください。給湯器のほとんどはガスや電気などを使っているので、素人が安易に手を出すと大きな事故に繋がります。給湯器 修理は必ず水道工事などを専門に扱う業者へ修理を依頼しましょう。

■スイッチ一つで温かいお湯が出てくる給湯器の寿命は?

風呂や台所で大活躍の給湯器ですが、長い間使っているものだと場合によっては修理をしてもらえないことがあります。もちろん悪質な業者ではなく優良な業者だからこそ受け付けないことがあるのです。その理由は、給湯器の寿命が10年前後と言われているためです。その状態で修理をしても、すぐにまた壊れてしまう可能性が高いので、修理代がかさむだけでなく事故に繋がる恐れがあるため、買い替えを勧められます。また、古いタイプの給湯器はすでに生産終了していることもあり、交換用の部品がないことも、修理受付不能の理由のひとつになっています。

■給湯器の部分修理や交換は可能?

例えば給湯器のトラブルが本体だけだったとか、リモコンだけだったという場合、それぞれのメーカーに部品の在庫があれば問題なく部分的な修理や交換は可能です。ただ、長年使っている給湯器の場合はメーカーが部品を生産していないと交換部品がない可能性があります。そのため、部分的な修理や交換が不可能になる場合もあることを知っておきましょう。


■まとめ
お風呂や台所になくてはならない存在である給湯器も、経年による劣化は避けられないので、いつトラブルが起こるかわかりません。寿命が10年前後と言われていますから、そのぐらい経っている場合は給湯器 修理が必要な水道工事を依頼する日が近いかもしれないと認識しておいたほうがいいでしょう。どんなタイプの給湯器があるのか、今のうちに調べておくといいかもしれません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ